磁気センサ

アルプスアルパインの磁気センサ・・・角度センサ

前回は当社の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。
今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

磁気式角度センサの動作原理

基本の動作原理はエンコーダタイプと同じで、磁界の変化を電気抵抗に変換します。それを電圧に変換してアナログ出力します。

前回はアルプス電気の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

磁気式角度センサの出力

当社の磁気式角度センサはパッケージの中に4つのMRセンサ素子を配置しており、その4つのセンサ素子は90deg位相差の2相信号を出力します。これが+sin, -sin, +cos, -cos の4信号になります。

前回はアルプス電気の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

上記センサから出力される+sin, -sin, +cos, -cos の4信号を、お客様のセット側で必要に応じて増幅頂きます。sin/cos演算により信号は磁場角度のみに依存し磁場強度には影響を受けません。arctan(sin/cos)計算を行って絶対角度を算出頂けます。

前回はアルプス電気の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

当社の磁気式角度センサの特長

柔軟なレイアウトが可能

当社の磁気式角度センサはエンコーダタイプ同様、センサのレイアウトの柔軟性も高く設計の自由度も上がります。そのため複数個配置するのも容易で、万一ひとつのセンサが機能しなくなった場合でも他が機能するため、より高い信頼性を確保できます。

前回はアルプス電気の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

高効率・高精度制御が可能

角度センサの場合、ホールセンサ(エンコーダ)では通常3つのセンサが必要ですが、当社の磁気センサでは一つのセンサでリニアな回転角度を検知でき、モータの高効率、高精度な制御を実現できます。

前回はアルプス電気の磁気センサを使ったエンコーダについてご紹介しました。今回は磁気センサを角度センサとして使った場合をご紹介します。

これまで3回にわたって、当社の磁気センサを磁気スイッチ、エンコーダ、角度センサの用途に分けてご紹介してきました。
当社は磁気センサ以外にも各種センサを取り揃えています。