磁気センサ

アルプスアルパインの磁気センサ・・・2in1 ピッチフリーエンコーダタイプ

前回は当社の磁気センサを使った磁気スイッチについてご紹介しました。
今回は磁気センサをエンコーダとして使った場合をご紹介します。

磁気センサエンコーダタイプの構造

基本の動作原理は磁気スイッチと同じで、磁界の変化を電気抵抗に変換します。それを電圧に変換しパルス信号としてデジタル出力します。

前回はアルプス電気の磁気センサを使った磁気スイッチについてご紹介しました。今回は磁気センサをエンコーダとして使った場合をご紹介します。

2in1 ピッチフリーエンコーダタイプ

当社の磁気エンコーダは2in1 タイプ(ひとつのセンサパッケージの中に2つのMRセンサ素子を配置)を採用しており、その2つのセンサ素子を同じ感度の中で0degと90degに配置することにより、どんなピッチの磁界に対しても常に90deg位相差の2相信号を出力することが可能です。

前回はアルプス電気の磁気センサを使った磁気スイッチについてご紹介しました。今回は磁気センサをエンコーダとして使った場合をご紹介します。

磁気センサエンコーダタイプの特長

当社の磁気センサエンコーダタイプはピッチフリーのため磁石の極数を変更する場合でもレイアウトを変更する必要はありません。
加えて常に90degの位相差の磁界を検出しているため、センサのレイアウトの柔軟性も高く設計の自由度も上がります。

前回はアルプス電気の磁気センサを使った磁気スイッチについてご紹介しました。今回は磁気センサをエンコーダとして使った場合をご紹介します。

今回は磁気センサをエンコーダとして使った場合をご紹介しましたが、次回は角度センサに応用した使い方についてご紹介します。